BlackLab - under the strawberry moon 2.0 CD

販売価格

2,700円

購入数

昨年CYCOSISともsplitを出していたBlackLab。DEPTHのドラムとギターによる大阪女性サイケデリック・ドゥーム二人組が2018年自主リリースした作品が、UKのDOOM/STONER系レーベル、NEW HEAVY SOUNDSから1曲ボーナストラック追加、FRAMTIDの5tracks devastation 7”なども担当した森野氏によるアナログミックスの音源をレーベル側でニューミックス/ニューマスタリングを施して「2.0」として再発。

オリジナルのCDがソールドアウトとなったので追加プレスしようと考えていたところ、音源を気に入ったNEW HEAVY SOUNDSオーナーからオファーがあり、今回のリリースに繋がったとのこと。ボーナストラックは、『ALL CRUSTIES SPENDING LOUND NIGHT 2002』でもおなじみ柴田剛監督の『ギ・あいうえおス - 他山の石を以って己の玉を磨くべし- 』挿入曲のリミックスを収録。

BLACK SABBATHからの妖艶でウィッチィなDOOM METALと、それに連なるSTONER、サイケの酩酊感、そして見え隠れするパンク/ハードコアのインパクトをブレンドした紫煙が立ち込める全8曲。デジパック仕様。

↓柴田剛監督によるドキュメント的PVも公開されました。当店も映ってます(//e//)♪