EL ZINE - issue vol.38 ZINE

販売価格

600円

購入数

今号で創刊10周年!おなじみEL ZINE記念すべき今号は、EL ZINEでも、そしてDOLLでも意外に実施されていなかった津山RAW PUNKS、SKIZOPHRENIAユウ氏へのインタビュー&表紙!D.QUADRIC他による、ヨシヲ氏へのわやくちゃなインタビューも同時掲載。
他にも来日するAMBUSHや、大阪PUNK ROCK、the GEROSへのインタビュー、また好評だったANTI CIMEX、BLACK UNIFORMSのCliffが向こうからオファーしてきたというDRILLER KILLERについてのインタビューなどなど今号もたっぷり50ページ収録です。


[内容]

●Yu from SKIZOPHRENIA
(久々となるニュー・シングル『Undead Melodies』を8月末にリリースする、岡山県津山市のRaw
Punkバンド、SKIZOPHRENIAのヴォーカリストであるYu氏へのインタヴュー)

●Yoshio from SKIZOPHRENIA
(SKIZOPHRENIAのベーシストにして、BAR猫目のマスターでもあるYoshio氏へのインタヴューby KARAKURI)

●Dra at helvete!
(正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

●the GEROS
(大阪の70’s/KBDパンク・ロック・バンド、the GEROS へのインタヴューby T.K.)

●AMBUSH
(CONTRAST ATTITUDE/Why Recordsの招聘により10月に来日する、ASPECT OF
WARのメンバーらによるアメリカ/ニューハンプシャー州のクラスト・バンド、AMBUSHへのインタヴューby GORI)

●北欧スラッシュ・メタル対談
(最近メタルにハマっているSLIGHT SLAPPERSのヴォーカリスト久保田氏と、高円寺のレコード・ショップRECORD
BOYの大倉氏による、北欧スラッシュ・メタルにまつわる対談)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、CHAIN CULTとPARANOIDのライヴ・フォト・レポート)

●FIREBIRDGASS
(高円寺パンク・ロック・バンドFIREBIRDGASSのヴォーカリストにして、東高円寺二万電圧の店長でもあるISHI氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●Umea Punk City
(ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●LAPINPOLTHAJAT
(10月に来日を予定しているフィンランドのハードコア・パンク・バンド、LAPINPOLTHAJATへのインタヴューby
Yu/SKIZOPHRENIA & VOX POPULI)

●TOM AND BOOT BOYSマイアミ・ツアー・レポートPART.1
(5月末〜6月初旬にアメリカ/フロリダ州マイアミで開催されたパンク・フェス、WE ARE THE PUNX VOL.2に出演したTOM
AND BOOT BOYSのツアー・レポートby今村紀康)

●DRILLER KILLER
(vol.36の表紙を飾ったスウェディッシュ・メタル・パンク・ロッカーCliff Lundberg[ex.BLACK
UNIFORMS/ANTI CIMEX etc]への、DRILLER KILLERに関するインタヴュー)

●ABORTTI 13
(80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI
13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴュー/最終回by Grzester)

●Otto Itkonen
(SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto
Itkonenへのインタヴュー/第3回by Grzester)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai)

●Inner Space Photography
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS:マリア観音
(バンド編成としては20年ぶりとなるオリジナル・アルバムを、今年リリースしたマリア観音。結成以来のバンド・リーダーである木幡東介氏へのインタヴューby大越よしはる)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)