ZYANOSE - total end of existence CD

販売価格

2,160円

購入数

2019年9月7日(すなわち本日)札幌でのライブにてノイズにピリオドを打つ、ZYANOSEラストアルバムとなる全13曲入り作品をバンド自主リリース。スリップケースつき、そしてブックレットもミッシリ16ページ詰め込まれています。

個人的にはじめてZYANOSEと話したのは2006年ころ、難波SAOMAIとかだったかな?「ZYANOSE/THE SEPARATIONS CDR作ったので、会場で声かけた人にはあげます」とのことだったんで面識ないからドキドキしながら「CDR欲しいです」と声かけたのが初接触でありました。「はいこれ」と特に会話もなくCDRもらって終わりましたが!

そんな(どんなや)ZYANOSEの約15年を締めくくる全13曲。ズタボロになりながらも駆け抜けたこれまでを集約した究極のテンションにて繰り広げられた、最期の最期の、破壊ノ調ベ。










++++++++++++++++++++++++++++++
2019年9月のオーストラリア・ツアー、そして札幌でのギグをもってその全活動に終止符をうつ、大阪真性アンチソーシャル・クラッシャー・ノイズクラスト・フィリア、ZYANOSE!!
本年に入ってからの僅か半年の間に敢行されたU.S.ツアー、そしてスウェーデンのPARANOID、SEX DWARFと合同で行われたヨーロッパ・ツアーと怒涛の反日常的ツアー・スケジュールをこなし、その甲斐もあってか今日尋常じゃないテンションと仕上がりっぷりでバンド史上最強のステージを繰り広げる奴等!!
その精力的な活動っぷりはリリースにおいても同様で昨年末からのディスコグラフィーCD、コンピレーション、最新作”Chaosbender\"各種フォーマットでのリリース、そして間もなくリリースされるオーストラリアのENZYMEとのSPLIT EPで終わりかと思いきや、なんと?作目となる2019年最終フル・アルバムをリリース!
これまでにないベストかつ病んだコンディションで録音された本作は これまでのZYANOSEの持ち味だったウルトラ・カオティック・クラッシャーノイズ・クラストから前身グループASPECT時代の原点に帰ったかの、より無駄な贅肉をそぎ落とし初期衝動を生かしつつもメンバー各々のポテンシャルが最大限に生かされた衝撃のスピードノイズ・ハードコア・クラスト・サウンドに仕上がっている!!
スラッシーに、ダーティーに、RAWに、そしてあくまで毒気たっぷりに、聴き手なんか知ったこっちゃないとばかりに展開される新曲?旧曲リメイク?曲で構成されたこれぞ集大成ならぬ現行ZYANOSEが放つ極上のTOTAL 13 TRACKS!
メンバー全員で仕上げられたという体制批判を盛り込んだヤバすぎるスリーブ・アートワークも必見!
終わりを全く感じさせない終わりこそ本当の終わりなのか?THIS IS THE TOTAL END!!
JACKY(FRAMTID)