MISILISKI - torawarenomi 7"EP

販売価格

900円

購入数

MORPHEME/KAFKAのボーカルで、ZODIAKではドラムをつとめる、つくだのもっくんがそれらRAW HARDCOREと並行して愛するTHE VICIOUSやMASSHYSTERIなど北欧PUNK ROCKの影響を打ち出しているMISILISKI。2016年にもD-TAKT&RAPUNKから1st 7"を出してますが(近々届きます)、HARDCORE SURIVESから2020年2nd 7"epをリリース。

前述したTHE VICIOUS/MASSHYSTERIに代表され、ここ日本でも旋風を巻き起こしたウメアパンクロックの愁いと生々しいギターのトーンで、10年ほど前のムーブメントとして食い散らさずに2020年でもウメアの火の粉をしっかりつかむ全4曲収録。

で、もっくんはスムーズな英語も話す人物だと思うんだけどここでは全曲日本語ボーカル。
ティービーじゃなく「テレビコメンテーター」だったり、英語と比べて日本語の1音1音が区切れるような語感を彼の愛する北欧PUNK ROCKのサウンドと組み合わせんとしてるんじゃないでしょうか!