DEBACLE PATH - issue vol.2 ZINE

販売価格

1,540円

購入数

*English Below

EL ZINEやMRRへの寄稿や、以前には無我やTECHNOCRACYでも活動した鈴木智士氏による出版レーベルGray Window Pressからの不定期刊誌、第2号がリリースされました。お値段少し上がってますがその分30ページほど内容も増えています!

今号の小特集は「ハードコア・パンクと学術」。625MAX氏やGAME OF THE ARSEHOLESのStuart氏、そしてSkaven/AsunderのGeoff Evans氏へのインタビューを掲載。というとすごく難しそうですが、各人のパンク史(Geoffによる90'sオークランド回顧録やMAXによるウエストコーストパワーバイオレンス談など)を踏まえて彼らが現在フォーカスしている事柄について語っています。

そして「UK CRUST meets INDUSTRIAL」や「映画の中のパンクス」、「イタリア・トリノのスクウォット事情」、「イスタンブールのパンクス」といった記事や、全豪に続きモブ・ノリオ氏の寄稿、IGNITION BLOCK Mのアイシャ氏によるフェミニズム考察からの発展的(もしくは根本的)執筆などなど、今号も充実の読むパンク全176P。

A5版 並製 176ページ


■小特集: ハードコア・パンクと学術
〔インタビュー〕
・パンクは常に、「学校」だった/ジェフ・エヴァンス (Skaven, Lachrymose, Asunder)
【80年代初頭のパンクとの出会いから90年代ベイエリア・シーンの話、アジア思想研究へ進んだ経緯から、現在のベイエリアのハイパー・ジェントリフィケーションの話まで】
・パワーバイオレンスから思想犯罪まで/マックス・ウォード (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth他)
【日本のパンクス、スラッシャーズもお世話になったMax 625。「パワーバイオレンスとは何だったのか」という回想から、アメリカの大学制度の基本的情報、日本史研究者として現在の日本社会をどう見ているかまで、24,000字超のロングインタビュー!】
・私たちのパンクのアイデアを積極的に再考すべき/スチュアート・シュレイダー (Game of the Arseholes, Shit-Fi.com)
【知る人ぞ知る学者パンクス、スチュアートが見る現代のDIYパンクシーンとは? 過去にリリースもしていたDiscloseについての言及は読み逃し厳禁!】
・〔付録〕DSA(アメリカ民主社会主義者)について/A. K.アコスタ
・解説―学びの場としてのハードコア・パンク・シーン/鈴木 智士

■エッセイ、寄稿
・混迷こそが人生!/植本 展弘(Voĉo Protesta)
・誰のために歌うのか 天皇の戦争責任と日本語の歴史/前田 年昭
・絶対兵役拒否宣言NEVER SAY DIE! ある絵が訴えかけてくるもの/モブ・ノリオ
・“Women’s Power”にパワーはあるのか? 脅迫的な自己主張の時代に表現するということ/アイシャ (Ignition Block M)
・〔イタリア〕 トリノのスクウォット事情 その2: インタビュー:Ossa Cave/Edera Squat/しろー
・〔トルコ〕 「パンク世代はいらない」 ―イスタンブールのパンクス/エリフ・エルドアン
・劇映画の中のパンクス ―『処刑教室』からアンゲロプロスまで/鈴木 智士
・〔レポート〕マンプラン バンドンのアーティスト10人展
・UK CRUST meets INDUSTRIAL/久保 景(Deformed Existence)

■レビュー(音源、書籍、映画)
・Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 /Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra /鈴木 智士
・The Caretaker/Everywhere At The End Of Time/ Terroreye (Kaltbruching Acideath)
・Thergothon / Through the Pits Of Time /鈴木 智士
・離散者がいずれの国家も選択せず生きる道のり ――中村 一成『ルポ 思想としての朝鮮籍』/新井 一三
・私たちの物語を ――チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』/堀エマソン
・「私たちの将来を考えなくてはいけない」――『異国に生きる 日本の中のビルマ人』/どあのぶ





[Information in English]
Debacle Path zine vol.2
A5 size (14.8cm x 21cm), 176 pages
Japanese (includes English abstracts of each article)
1,400yen + tax
Publisher: Gray Window Press (https://graywindowpress.com/)
-Special feature of the issue: Hardcore Punk and Study
Interviews:
Punk was Always a kind of ‘School’ / Geoff Evans (Skaven, Lachrymose, Asunder)
From Powerviolence to Thought Crime / Max Ward (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What
Happens Next? Scholastic Deth etc.)
We Should Be Willing to Rethink Our Punk Ideas As the World Changes / Stuart Schrader
(Game of the Arseholes, Shit-Fi.com)
Regarding DSA (Democratic Socialists of America) / A.K. Acosta
Commentary -Hardcore Punk Scene as a Learning Field / Satoshi Suzuki


-Essays and other articles
The Bewildering Confusion Is the Life! / Nobuhiro Uemoto (Voĉo Protesta)
For Whom You sing -The War Responsibility of the Emperor and History of Japanese Language
/ Toshiaki Maeda
Declaration of Ultimate Refusal of Military Service: Never Say Die! (2) What an Illustration
Urges / Norio Mob
Does “Women’s Power” Really Have Power? Expression in the Time of Menacing Self-Assertion
/ Aisha (Ignition Block M)
The Squatting Situation in Turin (Part 2): Interviews with Marghe (Ossa Cave), Edera Squat /
Shiro
“I don’t want a punk generation” – Punks in Istanbul / Elif Erdogan
Punks in Movies – From “Class of 1984” to Theo Angelopoulos / Satoshi Suzuki
Mamprang -Art Exhibition of 10 Artists from Bandung
UK CRUST meets INDUSTRIAL / Kei Kubo (Deformed Existence)


-Reviews
Music:
Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra, conducted by Krzysztof
Penderecki/ Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36
(LP+DVD)
The Caretaker/Everywhere At The End Of Time (CD)
Thergothon / Through the Pits Of Time (3-tape box)
Books:
Reportage: Korean Register as Thought by Il-song Nakamura /Ichizou Arai
Kim Ji-young, Born 1982 (82 년생 김지영) by Cho Nam-joo / Emmarson Hori
Movie:
Living in a Foreign Country: Burmese in Japan (2012) / Doanob
English Abstracts