経血 - kankai CD

販売価格

2,200円

購入数

CDバージョン再入荷しました.
茨城を拠点とする経血の2022年2ndアルバム、ドラマーのツトム氏による悲観レーベルからリリース。

2021年末の『EL ZINE Vol.52』でも巻頭特集されていました。80年代の自主制作日本語パンク/ハードコアな矢継ぎ早なサウンドを大きな母体に、80's UK/北欧、歌謡曲、日本のロック、アングラカルチャーなども過剰にならぬ塩梅で経血としてまとめた2ndフルアルバム。
昭和を発端に、平成を手負いになりながら通過、令和をコンフリクトするジャパニーズハードパンク全14曲収録。



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
*悲観レーベル約2年半ぶりの新作は茨城県で活動する昭和スタイルハードコアパンクバンド"経血"の14曲入りセカンドアルバム。

2019年BREAK THE RECORDSからリリースされたコンピレーション"Croon A Lullaby"に参加した経血。そこからより一層活動範囲を広めて行く事に成功し、コンスタントにライヴを重ねていた中、突如のコロナ禍。今作はそんなライヴ活動に当てる予定だった時間を活用して作られた作品になる。
2日間という短い時間でレコーディングされた14曲は「生き急ぐ」事をテーマに、コロナ禍で過ぎて行く時間を取り戻す如く怒涛のハードコアパンクナンバーが中心になっている。特にライヴでも好評の"蒼い彼岸花"はハードコアパンクと歌謡曲要素を合わせた彼女たち渾身の1曲に仕上がった。
その他、作品に関しての詳しいことは12/24発売されたELZINE最新号にインタヴュー形式で掲載されているので是非ともチェックして欲しい…。






"kankai"

1.obsession
2.ハナアブ
3.戯言
4.モルヒネ
5.self neglect
6.stimulate
7.kill the dog
8.タイプA
9.イカレキノコ
10.イアンのバカ
11.normal life
12.コノナ禍
13.蒼い彼岸花
14.論理ness