PAST - czarno/biata LP

販売価格

1,900円





2015年にdemo 7"epが国内流通していた、ポーランドの女性Vo. POST PUNK/NW バンド、"PAST"の2017年1stフルアルバム。新曲はもちろん、demoの4曲再録+カバー1曲も含む全11曲入り。国内流通50枚には、メンバーへのインタビューが載った日本語インサート付属。
既に大きな"PUNK"という輪の中の、一つの持ち場として確立された近年のPOST PUNKを、ご当地ポーランドの80's zimna fala(ポーランド語でcold waveの意)の流れを必然的に汲み取った、陰と光のコントラスト全11曲収録。
今回もポーランドのパンクそしてPASTを愛する群馬のキノシタ氏による愛のある国内流通です。
そして以下、OVERTHROW森下氏による、リリースにおいて感極まっている文章もあわせてどうぞ。



**********************
PAST…
誰しもが持つであろう過ぎた日々の淡く切なき時間。そこに在るのは甘き郷愁か…それともそれとは表裏な怒りを越え、悶え苦しむ懺悔か…。
漂う如くに甘美で、そして仄 かに哀しい…そんな感傷にどうして人はこうまでに囚われてしまうのだろう。そしてポーランドより届く『あの日』ではない『今日』の甘美なる憂鬱…。
後悔も先に立たないとなれば何処に行けるというのか。脳裡を覆う霧の先には…否、その以前に終焉はあるのか…それでも時が過ぎて行く限りは…。
やがて訪れるかも知れない
不安をも擁したその安堵の時。そこに辿り着けるか否かも測り知れず、だが、誰が諦められようか。今日という、このどうしようもないここから逃れて、この先の瞬間に進む事を…。
人は甘い夢だけを抱えて生きられない。そしてまた失望と憂鬱だけしか抱けないなら直ぐさまにも死に至る。まさにその間に生きる私達。そこに鳴る鐘の音…それさえ非情にも甘美ならず、錆びた鈍い音を奏でる…。
そしてPAST…だかここに鳴る鐘は、今ここに鳴り、そして貴方の過ぎた日にも鳴っていた、あの鐘の音であろう筈がない。今日を生きる、今、聴く事の出来る鐘の音だとだけ言っておきたい。それは自分自身にさえも…。そしてその音がまたしても貴方と私の胸裡の琴線を震わせ惑わせる、透き通り甘美なる奏でである事も…。このポーランドより舞い下りた胸焦がれる調に明日をも知れぬ私達は、今こそ揺蕩う他ない…。

森下 篤(OVERTHROW RECORDS)
**************************