MAD MANIAX / DEFORMATION QUADRIC - shock my mind CD

販売価格

1,000円

購入数

東京マニアクスパンクス&大阪ノイズコア3人組、2018年10曲入りsplit CD!
詳細は下北沢KILLERSイノウエ氏のコメントを参照してもらうとして、小回りの利く痛快ソリッドなねずみ花火式ハードコアパンクと独特の唄い回しの日本語ボーカルが東京ロッカーズや第四インターナショナルすら勝手に想起させるMAD MANIAX、より振り切った原始的なメガトンノイズコアで挑むDEFORMATION QUADRICと、PUNK/HCといってもアウトプットされる音は違えどどこかで惹かれあった両バンドによる全10曲収録!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
栄華を極めたとされる90年代の国内パンク/ハードコア。
そこで育ち生きてきた方なら現在のパンクを取り巻く状況や環境の違いにお気づきかと思います。
それが良いとか悪いとかの判断ではなく、実はゆっくりながらも進化と変化を続けているパンク/ハードコアシーンならではのとても重要で大切な恒例行事のようなものと考えます。
しかしながらこんな時代になってもパンクの定義や伝統を受け継ぎ、絶対的必須となるかっこよさやセンスをおもいきりアピールする個人やバンドがこの時代に存在していることもこれまた事実。
2018年 バンド活動、ライブ企画、作品制作、SNS宣伝、自己表現パンクファッション、パンクショップ存在有無 などなど... なんだか頭の中が窮屈で窮屈で息苦しく感じるのはなぜなのでしょうか!?
〜 身動きとれない世界に入り さ・ま・よ・い ア・ル・ク 〜
NOW!そんな窮屈な頭の中を粋なバンドスタイルで解放してくれる大好きな東京と大阪のハードコアパンクバンドが共同作品制作の為にタッグを組むとの情報をキャッチ!
それが今回RED TAMBOURINE RECORDSからリリースされる MAD MANIAX & DEFORMATION QUADRIC – SHOCK MY MIND (SPLIT CD) なのだ!!
まず本作品の先陣を切るのは、長きに渡る活動と経験値により強烈なパンクアティチュードを一気に噴射するライブパフォーマンスで人気を誇る東京サイドのMAD MANIAX!!
数々の作品をリリースしている彼らですが、今作では今まで味わったことのないNEO MAD PUNKなSPEED. FUN. MANIAXの3拍子が揃う変幻自在の脳天ハードコアパンクサウンドを披露。
収録されている5曲全てのサウンドが恐ろしいほど軽快でスタイリッシュ、さらに破壊的パンクロックともいえる確信犯的セットリストをこの作品に提供するMAD MANIAXには心から完敗です。
これはメンバーのパンク知識と内に秘められたハードコアパンク愛に対する必要不可欠な柔軟性の賜物でしょう!
1曲目アウトオブノーマルの絶妙すぎる完璧な疾走感に殺られ、3曲目八方塞がりでは7 SECSかと錯覚するあの独特な”タメ”を用いる荒技に再び殺られあっという間に全曲完奏。
ジャパニーズパンク、アメリカンハードコア、ユーロハードコアパンク etc 全てを吸収し消化した究極サウンドを表現するMAD MANIAXはこの作品で完全開花!! 最高にかっこいいのです!!!

続く大阪サイドにはこの作品の首謀者であり結成してまだ僅かながらも精力的に作品をリリースし多くの遠征もこなしている大阪パンク第5世代の異端児DEFORMATION QUADRIC!!
オールドスクールユーロ圏(英国含む)パンク/ハードコアが大好物過ぎて今後の人生に少々の不安を感じてしまうフレンドリーヴァイオレンスなメンバーが在籍。
もはや伝統芸として認知されてきた大阪CRUSHER CRUSTというバンドスタイルはノーチョイス。
自身の体内に宿るノイズコア魂とあの時代のパンク/ハードコアへのリスペクトから形成されるピュアでナチュラルなパンクパフォーマンスは遂に新しい道を標す時が訪れたようです。
DEFORMATION QUADRICがプレイする今作はいい意味でバラエティーに富んでおり、抜群のスピード感とノイズの応酬を叩きつけるレイジングなハードコアパンクスタイルには心弾むことでしょう!
もし彼らの過去に見えない呪縛があったとするならそれはすでに解き放たれており、
確立されたニューソングをいち早く確認したいという方は今すぐこちらの音源を手に取ってください!!!
<<<< 最後の昭和産まれ世代、平成を経て次の時代への答えがここに!>>>>
FUCK DANCING LET’S FUCK!
shimokitazawa KILLERS /