VA - 悲観レーベルオムニバスVol.2 7"EP

販売価格

1,080円

経血でも活動するツトム氏が運営する悲観レーベルから2019年、オムニバスシリーズの第二弾がリリース!今回もオブスキュアな存在を掬い上げる内容になってます。

オムニバスVol.1に参加していたバンド、断絶間や例のKなどを経て、現在は自主レーベル「サイド・カー」を営む"ヤミニ"によるソロレコーディングの3曲は、ADK絡みで例えるならG-ZETのようなモーターロッキン・インストナンバー。
栃木県出身の女性三人組"ザ・脱妄ズ"は、80年代日本語ガールズバンドの雰囲気を醸し出す、瑞々しく初々しいサウンドの3曲収録。
「東京イタコパンクバンド」というレーベルの紹介による"乳(nyuu)"はメンバーそれぞれのボーカルの掛け合い混ざり合いも特徴的に何かを憑霊させる奇天烈ポップなハードパンク1曲。
そして謎の昭和スタイルアイドル?毒島小百合は、掟ポルシェが楽曲を提供した『HA・DA・KAの大将』1曲を収録。

と、4アーティスト全て初めて聴きましたが、個性強烈な面々を世に出す悲観レーベルの攻めの姿勢も感じ取れる第二弾となっております。流通300枚。

+++++++++++++++++++++++++++++++
ヤミニは自身で全ての楽器を奏で、日本の80年代パンク〜ハードコアを彷彿させる極上のインスト3曲。
今回が初の正式な音源となるザ・脱妄ズ。ポップな要素を前面に出した軽快なパンクサウンド3曲で参加。
問題児スリーピースバンド乳〜nyuu〜は3人でボーカルを取りながら奇想天外な曲調でイ○キの守護霊と憑依した渾身の問題曲1曲。
毒島小百合は金欠時の掟ポルシェ氏(ロマンポルシェ。)を脅し、破格で曲を作らせて悲観レーベルに送りつけてきた全てが無茶苦茶な1曲で参加。
悲観レーベル史上1番の問題作がついにベールを脱ぐ。

A面
ヤミニ
1.プラズマ
2.重機B
3.ツタ
ザ・脱妄ズ
4.ピートタウンゼントになりたい!
5.OKA
6.気分
B面
乳〜nyuu〜
1.inoki
毒島小百合
2.HA・DA・KAの大将