TSUKAMARO - 萌芽 CD

販売価格

2,200円

購入数

大阪でPUNKのライブに通う方なら見かけた事があるはず、マサカリやノラ一味、The Probes、またサポートギターなどで超精力的に活動するギタリスト、TSUKA氏とMaro氏によるギターボーカル&ドラムの二人組HEAVY ROCKIN PUNK、ツカマロの2019年8曲入りアルバムがリリース。








+++++++++++++++++++++++++++++++
1996年に結成された鬼のツアーバンドDROWNED MINDから17年、ベースボーカルIshiが突然の脱退。そんな事知るかとばかりに残ったギターTsuka、ドラムMaroでTSUKAMAROを結成。
ギターTsukaはマサカリ(和歌山DRIVIN'HARDCORE)パンプキンスニーカーズ(PALMギターAKIRAとのギターインストユ ニット)、ノラ一味(アナーキーハードパンク)、The Probes(オーストラリア人ボーカルを有するPOST HARDCORE ROCK)等でもギターを掻き鳴らす大阪屈指の重鎮&多忙ギタリストとして全国を駆け巡る傍らTSUKAMAROとしての活動にも余念がなく、徐々にパワフルさを増していく。ギターボーカルとドラムのみというバンド形式最少人数でありながら、PUNK、METAL、HARD ROCK、THRASH等のサウンドを独自のセンスでミックス、それらを轟音で掻き鳴らし大阪HOKAGE、緑橋戦国大統領を中心に老若男女から圧倒的支持を得る事となった。
時折魅せるモーターヘッド的疾走感、静と動を兼ね備えたHEAVY METAL ROCKは聴く者を飽きさせず彼らの音楽的造詣の深さを物語ると共に長年のバンド活動によって培った躍動感を遺憾無く発揮している。
ジャンルやシーンに枚挙なき活動はバンドマンからの支持も厚く、人柄も含め関西トップランカーの顔の広さといっても過言ではないだろう。
CROW DRAGON TEAのギタリストTMGWやDaytripperのギタリスト石田からは師匠と呼ばれる程なのである。(打ち上げの精神性含む)
この度、7年の活動を経てようやく完成したこのミニアルバムは前述した通り、様々な要素が轟音と共に研ぎ澄まされ、レコーディングエンジニアAKIRA(PALM、パンプキンスニーカーズ)の徹夜掛かりの命を削ったミキシングもあって、まさに目の前でライブを観ているかのような臨場感に満ち溢れている。
彼らの長年のキャリアによって磨かれた宝玉と呼べるに相応しい至高の8曲を是非大音量で聴き、胸躍らせて欲しい。