SKITKLASS / ARTIFICIAL JOY - split 7"EP

販売価格

1,320円

発売日が前倒しになって本日リリースになりました。
BREAK THE RECORDSから、おなじみSKITKLASSと、TAPEが良かったLAの女性Vo HARDCORE、ARTIFICIAL JOYによる2020年split 7"がリリース。

SKITKLASSは既発曲を日本語にて録り直した3曲を収録で、北欧/UKなロウハードコアパンクとTHE STALINなど日本パンク独特の小気味悪さをプリミティブに吐き出すサウンド。

ARTIFICIAL JOYは2曲収録で、special thanksクレジットによるとオリジナルメンバーだったショーンリムくんは抜けたようすです。
奔放に噛みつくようなシャウトと個性発揮するボーカルの乗せ具合のノイジーなRAW PUNKに、ファン&キャッチーな痛快さもブレンドしたサウンド!


++++++++++++++++++++++++++++++++++
日本における現代ハードコアの新たな形を提唱しているSKITKLASS、そしてLAにて活動をスタートさせた現行ハードコア大注目株のARTIFICIAL JOYによるスプリット7インチ。
活動開始以降常に注目を集め、多作なリリースの大部分が入手困難、2019年リリースの1stアルバムも型破りな内容で全世界を驚嘆させたSKITKLASS。2020年のManic Relapse Festへの出演決定を含め手綱を緩めず、またもや新作をリリースです。今作は既存曲の再録という形ではありますが、全てを日本語詞に変更。言語が変わった分の細かいメロディーや語感の違いが面白く、実験味が溢れるアプローチに彼らの気概をしっかりと感じる事が出来る内容です。
対するARTIFICIAL JOYですが、SKITKLASSのSKITKATT氏がデモテープリリース時から推薦していたのを見ていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。2020年初頭に初ライブを決行したばかりではありますがそのクオリティーの高さはデモテープでも証明済み。更に今回はそのデモテープから一段飛び抜けた仕上がりで、今後のハードコア界のキーバンドとして成長していくであろう事を確信いただけるはずです。