PELADA - movimiento para cambio LP

販売価格

3,400円

2018年最後のアップはSPECIAL INTERSTでしたが2019年はこちら。モントリオールを主な拠点とする二人組、ペラダの個人的にも待望だった1st LPはベルリンのPANからのリリースでした。

デジタル配信は何タイトルかあって、フィジカルではおそらく少数プレスの2曲入り7"とコンピレーションくらいだったPELADAの1stフルアルバム。

1曲目を飾るA Mí Me Juzgan Por Ser Mujer (I am judged because i am a woman)から、Tobias RochmanによるシャープなトラックそしてフロントChris Vargasの個性が爆発しまくる歯切れの良いスパニッシュボーカルで世界のアンダーグラウンド・クラブシーンから、また当然のようにS.H.I.Tをはじめパンクともステージを共有、2020年のドアを強烈に切り強烈に拓く全9トラック収録。