LOW VISION - stand against CD

販売価格

1,980円

購入数

2020年8月にて活動にピリオドを打ったTYO HC、LOW VISIONのラストアルバムとなるフルアルバムがHI-LIBERATEからリリース。
常にアップデートし続け最後までSTAND AGAINSTの姿勢を貫いた彼らの音楽が、バンド解散後も輝く全10曲収録。






+ + + + + + + + + + + + + + + +
ストレートフォワードな2020年の現行HARDCORE/PUNKバンドLOW VISIONの新作にしてラストアルバムとなる「STAND AGAINST」

サウンド面はYOUTH OF TODAY/ GORILLA BISCUITS等をベースにRIVAL MOB,HOAX,TORSO,JUSTICE,FIRE WALKERなどのテイストをミックスしたような楽曲となっており、活動としは2019年に世界的にも最重要パンク/ハードコアフェスの1つDamaged City festを含むアメリカ東海岸6都市をオークランドのVegan Straight EdgeバンドTORSOと回り大成功と言える内容を収めた。
当然、国内でも東京を中心に様々な土地でライブをコンスタントに行い、全ての活動を通して楽曲・歌詞・アティテュードのアップデートを繰り返している。

歌詞に日本語でレイシズムやセクシズム、LGBTなど現在の日本を取り巻く問題をテーマとする曲も含まれており、これらは知識ベースと言うよりはむしろ原始的な感覚から感じた事をストレートにアウトプットした歌詞となっている。
バンドは2020年8月に解散しているのでライブを見る事はもう出来ないが音源に込められた熱に偽りはない。