NEHANN - TEC 7"EP

販売価格

1,000円

購入数

東京でがんばっておりますレーベルBLACK HOLEから、同じく東京からの新生5人組POST PUNK、NEHANN(ネハン)の2020年1st 7"が満を持してリリース。
クールなリズムセクションと繊細でクリアなギターのトーン、ロマンに満ちる表現力豊かなボーカルしかし油断大敵にTOTAL CONTROLにも通じそうな時空の歪みをみせつけるSide Aの"TEC"に、ふくよかな音像と違和感なく流れてゆくソングライティングが発揮された心地よい深度のスローナンバーSide B "Ending Song"、全2曲収録。

これ以前にデモも出しているようですが、今作で初めて耳にする方にバンドのポテンシャルを十二分に伝える完成度の高い内容は今後アルバムサイズでのリリースに早くも期待が募ります。

バンドンのアーティストBharata Danuによるアートワークに、RASHOMONコウヘイ氏がデザインした帯(4色展開)、そしてマスタリングはMikey YoungとBLACK HOLEコネクションによるバックアップにて完成の2020年1st 7".







+ + + + + + + + + + + + + + + +

2019年 東京アンダーグラウンドシーンに現れ、独自の存在感を放ち始めた5人組ポストパンクバンドNEHANN。彼らの1st 7"が9月15日にリリース。

圧倒的な存在感とカリスマ性を持ち合わせたボーカルと繊細さと熱量を内包した美しいメロディーと楽曲で、他とは一線を画す印象を残している5人組NEHANN。
その楽曲とステージングは下らない柵を超え、観る者聴く者を圧倒している。

Ending Song は、彼らの1stデモにも収録されていた美しいギターラインが耳から離れない「静」のNEHANNを印象付ける一曲。
TEC は力強いギターサウンドが押し出された「動」の曲であり、中毒性の高いジャンクなギターサウンドがフロアを熱狂させる光景を容易に想像させてくれる。

ジャケットはDEVIL MASTERやDIIV、UNIFORMらへデザインを提供するインドネシア・バンドンの同世代のアーティストBharata Danuが、またマスタリングは我らがMikey Young(Total Control、Eddy Current Suppression Ring、Green Child)が担当。
またレコードにはKOHEI URAKAMI(Rashōmon / 鏡 -Kagami- / STATIC PROPAGANDA) による帯も付属する。

また同世代として共鳴し合う盟友Waaterらが主宰するロックコレクティブ"SPEED"のディレクションによりMVを制作。合わせて楽しんでほしい。