猿芝居 - 日陰者の憂鬱 CD

販売価格

1,650円

購入数

結成は2009年、当店には2016年悲観レーベルからの1st 7"が初入荷でそれ以降編集盤やシングルなど入荷してきた群馬日本語ハードコアパンク、猿芝居がフルアルバムとしては8年ぶりとなる2nd、Vo.スケキヨ氏主宰の福音レコードからリリース。

POLITICAL RECORDS-ADK RECORDSからのヴァイブスを感じずにはいられない世界観をよりバーストさせたPUNK/HARDCOREに、メンバーの他バンドでの経験からのフィードバックもうかがい知れるような音楽的豊穣さも獲得して、心の澱を恥じることなく晒けだす全12曲収録。

これまでの集大成的クオリティに仕上がってます!帯付きのペーパースリーブ仕様!












+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

禍の時

猿芝居、11周年のセカンドアルバム

俺が猿芝居を認知したのは8年前くらいか?スタジオに置かれていた無料配布音源。ジャケから「妙」な空気を感じて手にとったんだ。家に帰って再生した時には「コイツらは危ない!関わらない方がよいな…」と予感した

そんな俺の勝手な想いをよそに猿芝居自身は精力的に活動を続けていた

地方都市で長く活動していると安易な迎合に安住を求めたちまち糞になり下がる術を身につけ易い

その全てを拒絶し「チンケな処世術?いらねぇんだよ」と言わんばかりに己の内に内に探りの手を入れた上でヒトの本性に語りかけてくる

猿芝居を聴いていると腸をえぐられる錯覚に陥る

しかも鋭利な刃物ではないからギリギリ、ミシミシと時間をかけて…

8年前の俺の予感は的中した。
やはり危険なヤツらだった!

禍の時

提起された問題を直視し闘うのはお前次第だ!と問いかけてくる強烈な一枚!
(OGI / SNOT)