S - 4track 7"EP

販売価格

1,760円

*今回入荷分には25mmピンバッジつき

SLICKSでもドラムとして活動したMc氏をフロントマンとし、不定期に活動を続けてきた"S"。これまでに単独CDR作品や光岡米次郎レコードからのオムニバスに参加していましたが、初のVINYL作品となる1st 7"が博多KINGS WORLD RECORDSから。

UK POST PUNK/NEW WAVEのスタイリッシュかつフリーなサウンドを、全編から漂う冷たさに厚い雲に覆われたような暗さ、シニカルさと苛立ちとでパブリックに投げつける全4曲収録。KWR周辺九州パンク特有の存在感が充満した怪作。
people/public organizationのshingo氏によるアートワークが印刷された二つ折りインサート付属。







「S」は九州・福岡のパンクバンドSLICKSを91年に結成、その後、SWANKYSのWatch率いるMAUSにドラムで参加していたMcが2003年に フロントマン(ヴォーカル)として立ち上げたコンセプトユニット。 コンセプトユニットが故に不定期に行ってきたライブでは、都度メンバーも違い、新しい表現で常に裏切られたようなショック(衝動)を 与え続けてきた。

過去にリリースした作品は「NO IMAGE AVAILABLE 」(CD-R)、「LOST MY MIND」(CD-R)2作品とオムニバス「PUNK POLLUTION」 スタジオ音源2曲参加。

結成当初はMcがスタンディングドラムとヴォーカル、ギター、ベースという3人編成でルックスはスキンヘッズスタイル。 楽曲は70sパンクを4つ打ちでスマートに表現するといった印象、かつドイツ、イングランド等のヨーロッパのフリーフォームを取り入れた オリジナリティを持っていた。 だが、次第にポストパンク、アブストラクトといった音楽やカルチャーにインスパイアされ、独自の世界観を持ち、それをファッションでも具現化していき現在に至る。

今回の作品は既にライブでは10年近く演っているナンバーもあるが最新プロジェクトによるメンバーにてアレンジを繰り返しブラッシュアップし続けて出来た楽曲4曲を収録。 ディスコビートにダブを連想するベースのドライブ感、ギターの緊張感のある旋律、歌というより楽器の一つとして 成り立つヴォーカル、これらが醸し出すUK特有のエッセンス、ダークな香りが独特のグルーヴを生みだし新鮮すぎる。

「今までに無かったもの=パンク」、「新しければ良い」という短絡的なものではないアンチな表現、

これが今の時代にからこそ問うこの作品の根底にあるメッセージだ。
(Kings World Records)











ex.SLICKSのツシマ君率いるSがKWRよりEPを発売するとか!
僕がSのライブを目撃したのは別府@copper raven!ストリップ小屋を改装したカッコいい作りのハコで古き良き昭和の街並みも最高!
そして、このEPに同封してるチラシをデザインもしているpeopleシンゴの企画でした!
ツシマ君がドラムだと思いきや、打ち込みのドラムでボーカルをやるスタイルでありまして!
シンゴとまた見たいなーて話してたところ、EP発売との事で!

彼等に染み付いてあるであろう博多独自のパンクロックが滲み出しつつも、彼等が今まで吸収してきたであろう音楽から自然と進化し、POST PUNK解釈で広がりと奥行きを見せるのは流石のセンスだ!

Sを象ったジャケと同様に好きに解釈しろと、ニヒルに突き放す1枚!!
MINAMI(LARVA)