NIGHT LUNCH - wall of love LP

販売価格

2,200円

購入数

2016年にカナダはモントリオールにて結成の4人組、ナイトランチが2020年に地元のCELLULOID LUNCH RECORDSから出したバンド初のレコードリリースが、神奈川BLACK HOLE RECORDSから国内仕様盤(盤のみオリジナルと同じ)としてリリース。

AYA MIYAKEデザインの帯とインサート付属で、ジャケもCELLULOID LUNCH RECORDSが日本向けに新たなデザインで製作。

「歌を通して現実から逃れたい」という思いから結成されたとのことで、アダルトな雰囲気をもたせつつ幅を持たせた楽曲が、どこか浮世離れしたバンドの世界観で統一された全8曲収録。音的には少し違いますがレーベルオーナー小坂さんも大好きなTHE GUESTSあたりが気に入った方にも一度聴いてもらえれば!
















+ + + + + + + + + + + + + + + + + +
いつも通りバンドキャンプチェックしていた際に、アダルト・ロック、ポスト・パンク、インディー・ロックなどが絶妙に交わる稀有な存在として現れたのがこの4人でした。リリース元であるCellloid Lunch Records(以下:CLR)としても2タイトル目ということで、ここ日本でのニーズもあるのかなと思いディストロの連絡を取ったことがきっかけとなり(だいぶ端折りますが、盤が余ってるとのことで)今回のリリースに至りました。

今回はCLRから日本流通のジャケットとレコードが送られてきたので、ベタですが"帯"と"インサート"をつける形でのリリースとなります。デザインはSheer Magのツアーフライヤーからのご縁であり、MILK(Milky Boys)の1st LPのインサートやSweeping Promisesのシャツデザインでも話題になった"おっこさん"にお願いしました。Night Lunchが好きなことは知ってたんですが、頼もうと思っていた矢先に新宿で偶然出会ったので軽スピリしました。デザインも完璧に仕上げてくれましたので、こちらもお楽しみに。

インサートにも記しましたが、曲それぞれが纏う雰囲気は異なるものの、作品としては自然なまとまりをもつ素晴らしい一枚。Your BodyからWall of Loveまで、ドゥー・ワップからソフトロックまで堪能してもらえたらと思います。