NUMBERTWO - i was here 7"EP+DOWNLOAD

販売価格

1,000円

SLEEVE

初回300枚が売り切れたため、200枚追加プレスされ再入荷。
今回はジャケがYELLOW/BLUEになっています。
東京を拠点に活動しているPUNK ROCK、NUMBERTWOが7"epをメンバーのコダワリが詰まった装丁にて2021年自主リリース。

背骨である上質な70's-80's PUNK ROCKからの鋭さと締め付けに、ここにいたしここにいる、同時代世界のバンドとともに前を向く全4曲収録。

リソグラフ印刷されたA3折りたたみスリーブ。英語詞インサートと、2曲日本語訳詞が載ったインサート、ダウンロードコードもつきます(アナログとデジタルでミックス/マスタリングも違うようです)。












+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

My life is like a piece of shit -わたしの人生はひとかけらのクソのようなものである-

それでも生きる東京を拠点に活動する純パンクバンドNUMBERTWOの新作7 inchレコードが自主レーベルDemos Grit Recordsから発売。
2019年末からベースを担当するメンバーが諸事情により名古屋へ移るなか、ライブ活動はサポートメンバーを迎えその足を止めず2020年末、本メンバーにより録音された全4曲。そのそれぞれは曲を生み出した本人の暮らした景色や思いも垣間見れる。
そんな小さな暮らしの物語こそ、この時代を形作る真実の歴史の姿なのではないだろうか。
メンバーであるjr.が録音、ミックス、マスタリングを担当した国内プレス。78年のベルファストパンクレコードに思いを馳せたA3ポスタージャケットとインナーシートはUshiが担当し、リソグラフ印刷機によってメンバー自ら印刷した手作り仕様となっています。
インナーシートには来日ツアー時の共演をきっかけにMikelbastard(Accidente)氏が描き下ろしのイラストを各曲に対して拵えてくれています。曲と歌詞を渡して彼の解釈に任せて描いてもらっていますので、そちらも楽しんでもらえれば嬉しいです。
今作も世界中の70年代または80年代のパンクを土台に現代のパンクやインディペンデントな音楽を独自に飲み込み、昇華した現行抵抗盤。

僕にもあなたにも価値がある。
真実は僕らの心の中に。


I was here.
我ここにあり

We are everywhere.
僕らはいたるところに存在する

自らのなかにある真実のために立つ、立ち上がるすべての人に捧げます。

NUMBERTWO うし