ELECTRIKA - demo 7"EP

販売価格

1,000円

名古屋A-Z Recordsと、スペインのDiscos Enfermosの2022年共同リリースにて、当店に入荷してたバンドの中ではHAIBOKUやCELDA、TOTAL LOVEのメンバーらが在籍するメキシコはメキシコシティからのニューバンド、1st 7"ep!

現行の中南米パンクにも造詣が深いA-Zのおスミつき、ひしゃげたノイズに切迫したシャウトと危機感あふれる楽曲に感電必至の全5曲収録。







+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

さて、ここで問題です。ソンブレロ、ルチャ・リブレ、サボテン、テキーラ、タコス、SOLUCION MORTAL、SEDICION、HISTERIA、ATOXXXICO、MASSACRE 68、HEREJIA、XENOFOBIAなどで知られている国は、どこでしょう?

というわけで、今回A-Z Recordsが皆さまにお届けするのはTotalove / Celda / HAIBOKU / Calämidad / Medvsaなどのメンバーから結成されたメキシコ合衆国はメキシコシティの4人組新バンドEléctrikaの初となる5曲入りEP!今作もスペインのDiscos Enfermosと共同でリリースする運びとなりました。

『Demo』と題された今作ではありますが、正直デビュー音源にして非の打ちどころが見当たらない完成度の高さ。南米のパンクに対して私がいつも魅力的に感じるのは、熱量だったり、ガタガタと建付けの悪い演奏(ズンドコしてる感じ)だったりするわけなんですが、このEléctrikaには良い意味で完全に裏切られました。針を落とした瞬間から気の抜ける時間なんてものは1秒たりともありません。終始、緊迫感が充満したサウンドは、まるで後期のHHHが歪んだ日本のクラストを演奏しているかのよう。

全南米パンク・ハードコアファン必聴盤!
今が旬!なメキシコ現行ハードコアパンクは、これだ!!!!