ONLY THE LAST SONG - i 7"EP+DOWNLOAD

販売価格

1,500円

購入数

発売中!
千葉県柏拠点、KCHC! ONLY THE LAST SONGの、2021年、先にCDでリリースされていた10曲入り音源が別ジャケ+1曲カバー追加の11曲入り7"として、BRAVE OUT/WRONG STATEのSagoによるFIRED STOMP RECORDSから2022年リリース。 DLコードもつきます。

追加された1曲は今作でもMIX/MASTERINGを手掛けるWill Killingworth at Dead Airが在籍したVACCINEのカバー。
加速と減速、ヒキとタメで数秒の展開の中に詰め込まれるPOWER VIOLENCE HARDCOREの瞬間爆発全11曲収録!










+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

「ヘビーメタルの音楽的側面を含む"クロスオーバー"を表現したgrindcoreとは対照的に、powerviolenceは、"ハードコアパンク"の最も挑戦的な性質を増強した音楽です。」

ウィキペディアでpowerviolenceを調べ、直訳するとこのような記述がでてくる。
音楽性が広義なジャンルであるが、やはり私は根底にハードコアパンクを感じられるサウンドが好きだ。
そして、日本でハードコアパンク増強型濃縮還元サウンドを鳴らし続けるバンドが、ONLY THE LAST SONGだ。

本作品"I"を一足先に聴かせてもらった時、その格好良さに嫉妬すら覚えた。
30秒にこれでもかと言わんばかりドラムフィル・ブラスト・2ビートを詰め込んだ"メルト"に始まり、2曲目はNEGATIVE APPROACH "READY TO FIGHT"を強靭化させたようなモッシーな展開の"マッチアップ"。
ハードコアに対する理想がぶち込まれた最高の仕上がりだった。
当初はCDのみのリリース予定であったが、ハードコアリスナーなら分かってくれるだろう、vinylで後世に残ってほしい、私はそういう思いでFIRED STOMP RECORDSからリリースを決意した。

7"版限定ジャケットは、サンフランシスコで様々なハードコアパンクバンドのアートワークを手掛ける、コラージュアーティストのHeather Kelly。
また7"版のみ、本作品のミックス・マスタリングを行ったロウサウンド製造所、Dead Air Studioのオーナーが所属するVaccineのカバーを収録。

デジタル化に逆行する形でのリリースですが、レコード屋さんに足を運んで、素晴らしいアートワークを見ていただいて、盤に針を落として欲しいです。

Text by Sago
(FIRED STOMP RECORDS/BRAVE OUT/WRONG STATE etc..)