HONEY BANE - you can be you 12"

販売価格

3,300円

POISON GIRLSのVi Subversaのお子さん2人らとともに、14歳の頃ガキパンクFATAL MICROBES(Small Wonderからリリースあり)を結成、スペシャルな存在感を放つ女性HONEY BANEが、FATAL MICROBES解散後、そして少年院での刑期を終えて、社会奉仕活動から逃れている間にCRASSとのコラボレーションが始まって、CRASSの面々をバックの演奏につけて制作されたのが79年『YOU CAN BE YOU!』7"!

その名作7"がマスタリングを施し12"フォーマットで2022年CRASS RECORDS/ONE LITTLE INDEPENDENTから再発!

埋め込みのBandcampリンクでもお分かりのように、演奏の細部も伝わるマスタリングに、バックがバックだけにやはりCRASS好きは放っておけないアイデア溢れるアナーコパンクと、天真爛漫さとシリアスさが同居したHONEY BANEのボーカルがマッチしたUK ANARCHO/UK PUNK名盤!

その後HONEY BANEは『GUILTY/DUB』という、今作の名残もまだ感じるソロEPを出して、そこからさらにちょっとアイドルっぽいジャケのレコードを数枚リリースして、2000年以降も何枚か作品をリリースしています。

ちなみに10年くらい前にHONEY BANEとメッセージやり取りすることがあってさざなみも感動した思い出があります。うーんYOU CAN BE YOU!