BRATS - ready for fight + stop wars CD

販売価格

2,000円

『爆弾の行方と子供達の未来を天秤にかけるな_"BRATS"は言った_戦争は犯罪だ!』

1989年_昭和が終わりを迎える頃、岡山のライブハウスを中心に活動していた"BRATS".
当時の2本のデモテープ15曲に、未発表スタジオテイク9曲も加えてLMスタジオにてリマスタリング、バンドの手により2022年300枚CD化初の再発!

当時リリースされた2本のテープもおそらく少数生産でしょうし、全曲初めて耳にする方がほとんどかと思います。ちなみに大阪ではOSAKA BATTLE ROYALの周辺バンドと共演する機会が多かったそうです。

キャッチーさと整合感は担保しつつ、その衝動に比例して加速するようなザラついたスピード・ハードパンクでBRATS(クソガキ)達が反戦の声をあげたイケイケな全24曲収録!
制作側に入るCD売上げの一部はsave the childrenに寄付されます。





+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


『ブラッツは、ただの過去の岡山のパンクバンドと紹介するには値しない。
彼達の歴史は俺たちの歴史の1ページを作り、そして岡山パンクの歴史の中でも
大切な1ページを造った偉大なバンド。
今となっては共に良い時間を過ごした友でもある。』
片山裕基氏(CRIKEY CREW)



 
『80年代の終わり、まだ10代だった俺達の前に、奴らは雷のように現れた!
鋲ベルトにブーツで身を固めたBRATSだ!
「何ぃ!?アイツら見た目だけじゃねーのか?」
そんな強がりとともにライブを見た。
「か、かっこいいじゃねーか…チキショウ」
皆んなが惹かれていくのに時間はいらなかった。
BRATSは、激しく優しく、集まる人々を台風のようにを巻き込んでいった。
虚像や嘘に噛みつき、苛立ちを笑い飛ばして、大きな渦となり、この街をうねり歩き始めた。
「土曜の夜じゃ!ペパーもパンパンじゃ!!」
 時は経ち、渦は解け始め、各々の道へと散っていく。想えば一瞬の火花のようなものだったのだろうか。
だがその音は今でも俺達の中で鳴り響くんよ。
何でかね。』
山本将雄氏 (324 ex.ERODED)