MARIA T-TA Y EL EMPUJON BRUTAL - s/t CD

販売価格

2,800円

出ました!今から12年前に、当時残した音源からの4曲が7"化再発され当店にも入荷、話題だった80's PERUVIAN PUNKシーンにおける女性パンクスの草分け的存在、MARIA T-TAをボーカルとするバンドの音源集が、オリジナルリールから取り出したソースを中心にリマスタリングして全16曲入り両面開き(6P)デジパック仕様で2023年リリース!

当時ほとんどが男性で占められていたペルーのロックシーンにおいて、リーダーシップを発揮した数少ない女性の一人であったそうですが、その反面、男性ロッカーから言葉や身体的な虐待を受けたりと、シーンの中でも女性差別のターゲットとなったという証言もあるようです。
バンド解散後は91年頃にペルーから出国し、2014年にドイツにて息を引き取るまでシーンの人物らと連絡を取っていなかったこともあり、ペルーにおいてもミステリアスな存在になっていたようです。

そんな中でも楽しむことを忘れず活動を続けていたであろうMARIA T-TAの、FUNな魅力が詰まったサウンド。
音の方はシンプルで、耳に残るボーカルのメロディー/存在感で進行していくプリミティブなRAW PUNK ROCKで、決して曲調が似てるワケではないけどSLITSやX RAY SPEXなど、楽しさも滲み出たPUNK ROCK BANDとも共通点を感じさせます。

未発表となっていたアコースティックセッション4曲も含む全16曲入り!


https://youtu.be/MsUlCuaB0yY