EGO FIX - forsaken nightmare report demo CD

販売価格

1,000円

近年ディスコグラフィーCDのリリースや大阪、東京での復活ライブなど復活転生のULTIMATE NAUSEANT GRINDSYSTEM、エゴフィックスが書き下ろし新曲4曲+ REPULSIONのカバーを収めた、DEMO名義での5曲入りプレスCDをPATHOLOGICAL FREQUENCY RECORDSより自主リリース。

お化粧少ない生な音質のもと、新たな地平を開拓したLate 80's EXTREMEなバンドからの影響をもちろん大きな主軸にしつつ、他バンドでも音楽活動を続けた面々それぞれの現行アップデート滲み出る毒々GRINDING HARDCORE FILTH全5曲収録!




+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

EGO FIX, Grindcore from Osaka.
2021年 US / Mortville Noiseよりdiscography CDをリリース、2022年頭に復活〜ライブ活動を再開、そして今年2023年 満を期して新作demo を26年振りにリリース。
再結成に合わせてあらたに書き下ろした新曲4曲+カバー1曲の計5曲を収録。
今作はカセットでなくCDフォーマットにて、自身のレーベルPathological Frequency Records(病的周波数録音)からのリリース。

今作は前作同様、NAPALM DEATHや初期EARACHEカタログ、Mid-Late 80's UKハードコア、そして日本のSxOxB等、多大な影響を公言するバンドサウンド継承した楽曲群で、更に新境地のsludge・powerviolence調の曲もあらたに披露。
グロテスクなアートワークは奇才Nassan_072の手によるもの。
レイアウトはAA_FXが担当。




Track titles:
1. The Curse for 7 Generations
2. Deranged Reaper
3. Creeping Cruel Death
4. Funeral Black Breath
5. Slaughter of The Innocent(REPULSION)