JAIL - stolen commissary razor 7"EP

販売価格

1,980円

もともとBITCHY WITCHというレーベル名で、そこからSANGREAL RECORDSと改名したアメリカメタルパンク危険地帯デトロイトのレーベルからのニューリリース。そのデトロイトからのニューバンドの2023年4曲入り7"EPです。300枚プレス。

BITCHY WITCH/SANGREALはこれまでにも地元デトロイトのSHITFUCKERやPERVERSION、ANGHELL/BITCHCRAFTのsplit、はたまたORALの再発など手掛けていたレーベルですね。同レーベルと交流の深い高円寺BOYによる国内配給にて当店にも少し入荷しました。

同郷SEKKUSUのメンバーも在籍した3ピース編成。毒々しく、アクの強いデトロイトメタルパンクシティの感覚はもちろんのこと、それに留まらず本気CROSSOVER HC度の高いスラッシュメタリックパンクをプレイする全4曲収録。

お値段少々お高めですが、ポケットスリーブジャケでインサート、そしてハイプステッカー付きとなかなか凝った仕様になっています。有り金ぜんぶはたきな!(byレーベルオーナーの名言より)












+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

デトロイト・メタル・パンク特有のアクの強いキャラ先行型ではなく、クロスオーバー・スラッシュとしてもなかなかクォリティーの高いサウンドですので、スラッシュ・メタル・ファンもぜひチェックしてほしい注目株です。
メイデン型アメリカン・パワー・メタル風味のイントロから、Animosity era C.O.C.のようなダイナミックな疾走パートへとなだれ込み、SLAYER的なイーヴィル・リフへと展開していく1曲目のカッコよさにかなり興奮させられます。
感触は違うけど、この完成度の高さは、昨今のスカンジナビアン・スラッシュ・メタルにも引けを取らないと思うし、Unspeakable Axeの若手スラッシュ・メタルを熱心にチェックしているようなスラッシャーにも必ずや満足してもらえることでしょう。
しかしながら演奏と楽曲の激しさは非常にハードコア・パンク的で、サウンドの共通性も含めて、立ち位置として、ABIOTXやEVIL ARMY以来のクロスオーバー有望株としてプッシュしたいところです。オールドスクール・スラッシュ・ファンは、メタルヘッズにもパンクスも要注目!!