THE ACT WE ACT - フリッカー LP+DOWNLOAD

販売価格

2,800円

購入数

SIBAFUやDO NOTでも活動するGomi氏がフロントをつとめ、名古屋を主な拠点とするジアクトウィーアクトが、前作アルバムより8年ぶりとなる第三作を自身のレーベルからアナログリリース。目にとまるジャケやインサートのアートはSOCIO LA DIFEKTA、MALIMPLIKI etcのIppei Matsui氏。

管楽器やパーカッションの音色も携えNEWとNOの間を掻い潜るようなサウンドは、THE EXやRONDOSといったオランダのアナーコパンクや80年代により自由な方法を探索していたアメリカンパンクらしさも感じさせながらも、イビツな沼には陥らず、ある種のキャッチーさは担保し各曲スムースに機構させた全9曲、加えてDLではind_frisによるリミックスも1曲収録。
感覚的にOOPSやMILK、odd eyes、pleasure and the painあたりが好みの方にもおすすめです。









+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

名古屋を中心に活動するTHE ACT WE ACTが自身のレーベルKYUSU RECORDSより3rd album「フリッカー」をアナログレコード(DLコード付き)、Bandcampでリリース。

前作から8年ぶり、かつ、現メンバーで初の単独作となった今作は録音/ミックス/マスタリングを君島結(ツバメスタジオ)が手がけ(一部、Guitarの横山匠もミックスに参加)、ラウドさよりもソリッドさに比重を置いた生々しい音像でありながらも、随所に音の仕掛けも組み込まれた意欲作となった。

一目で強烈なインパクトを焼き付けるようなジャケットをはじめ、本作品のアートワーク全般は松井一平によるもので、デザインはこれまでにTHE ACT WE ACTの多くの制作に関わってきた井上貴裕が担当。

またBandcampでの配信にはボーナストラックとして岡崎のエレクトロニックミュージシャン/プロデューサー、ind_frisによるリミックス曲「歩き方(acind_fris remix)」が追加収録され、彼の昨今の作風とはまた違った側面が垣間見える内容となっている。


-----

増えすぎた故にその存在価値を際立たせることが難しく時間とともに溶けていくコンビニエンス。
遺跡となり果てはランドリーか葬儀場。HARDCORE PUNK。
その場に居続けるのも人生、その場を思い先に進むのも人生。
数々のインスピレーションを纏い血流を自在に操る。
第何章何バース?さまざまなドラマを抱えてアップデートされ続けていく人生、抗い贖う。
John Faheyの人生とThe Exの人生。波止場にて、発展途上。
ひとはさまざまなドラマを抱えて。何想う。TAWAの放り込むレゾナンス、呼応せざるを得ない我々のアンビエンス。
果てはランドリーか葬儀場。

安田幸宏(珍庫唱片/ROOK RECORDS)



<収録曲>
1.振動
2.反対方向
3.ベルトコンベア
4.スロウデス
5.わからない
6.呼吸
7.歩き方
8.カミングアウト
9.ビューティフルミステイクス



*THE ACT WE ACT

2003年、愛知県豊田市にて同じ中学校に通っていた同級生を中心に結成。
これまでにiscollagecollectiveより2枚のアルバム、SummerOfFanより1枚のシングルをリリース。
その他にも数々のSplitやコンピレーション音源に参加。
結成20年目にあたる2023年、自身のレーベルKYUSU RECORDSより3枚目のアルバム、「フリッカー」をリリース。