WBSBFK - saladbowl CD

販売価格

2,200円

購入数

DouglasやDEVIATIONらが参加し、当店にも入荷していた2016年V.A『PROVOKE』CDを主宰、その後も2枚の単独アルバムをリリースしてきた名古屋拠点のPOST PUNK/NEW WAVE TRIO、WBSBFK(ワビサビフウケイ)が2024年3rd Albumを自主リリース。

低体温ながらもふつふつと湧き上がるようなサウンドと、普段はグラフィックデザイナーとして活動しているメンバーの、感覚的なMVやCDアートワークが特徴。

"サラダボウル"と題された今作ではアルバムという器の中で、また各曲という器の中で空間を協調シェアされているような心地よさを感じるPOST PUNKを謙虚に鳴らす全10曲収録。国内ではANISAKISやDouglas、schedarsあたりのファンにも。





https://youtu.be/n2RmOO8Sfm8?si=gFoHLoks6hGQBXQW



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

コンセプトを考えるところから楽曲制作を始める我々の今回のテーマは「色」。これまで、1stアルバムは全体を通して無機質な印象を与える白、2ndアルバムは1stに相反するようなおどろおどろしい黒をイメージしてアルバムを制作してきた。
3枚目となる今作では、モノトーンであった過去2作とは違った印象を狙い、様々なアプローチで原色を想起させるような楽曲群となっている。
我々の得意とする音数の少ない楽曲、ブラックミュージックを彷彿とするファンクなノリ、パンク・ガレージのようなサウンドというように、多種多様なキャラクターが詰まった今作は 、多民族の共生を表す言葉を借りて「SALADBOWL」と名付けられた。