WART - 少女と孔雀 / 永遠。いざ、さらば 7"EP

販売価格

2,000円

購入数

TONOCORE IS BACK!
現ダブルアートのタグ(TAG)と真べぇ(SHIN-CHANG)という不動の2名をはじめ、あのバンドやあのレーベルで活動する面々らが当時在籍、2008年4月の解散まで2年間という限られた中で強烈なインパクトを残したWARTが約15年ぶりに始動、2023年末にリリースした2曲入り7"!
ダブルアートからWARTを知った方も多いかと思いますが、それでもフィジカルはこだわりのアナログ7"フォーマットでのリリースです。


再始動後のメンバーは

TAG - Vocal
YAMORI - Guitar
PUNKS NOT DEAD - Guitar
SHIN-CHANG - Bass
CURRY RICE - Drums


ドラムは当時からのカレー、ギターのYAMORIはピン芸人として活動しているキャツミという強力な編成。
そしてもう1本のギターとして電撃加入したPUNKS NOT DEADなる人物は、イラストレーターとして活動、当店でもおなじみの存在のキムラコウタロウです。人選ミスです。


そんな新章WARTの初音源となる今作は、完全新曲となる"少女と孔雀"と、第一期WARTのラストCDの最後にメインフレーズだけ収録されていた"永遠。いざ、さらば"を改めて楽曲化して収録。どちらもTAG独特の言葉選びで紡がれる歌詞世界と、耳に残るメロディーを滾らせるコーラスワークにハードコアパンクの感情が走る走る全2曲。昔やっていたバンドでやっていたことを、今はその想いが無いのにまたやっている、なんて点はやはり皆無な4分30秒。

彼らの盟友、ex-THEクルマのフジワラも楽曲制作サポートやゲストギター、コーラスで参加しています。