DIE OWAN - owannibalism LP

販売価格

3,520円

購入数

再入荷。
1979年から1983年にかけて活動、当時はカセットテープと超少数の7"のみリリースしていて、以降極一部のマニアの間で楽しまれていた関西ティーンエイジパンク/ニューウェーブ/ポストパンク!ディ・オーバンの貴重な音源がUS GENERAL SPEECHより2024年2タイトルオフィシャルリイシュー!
こちらは彼らの初期リリースをコンパイルした内容!6ページブックレットも付属。

バンドによりXA RECORDというレーベルが運営されていて、おそらくそちらから当時リリースされていたであろう『DIE FEEDING OF DIE OWAN』や『OWAN 81』等々の単独アルバム各種、オムニバス提供曲、さらには完全未発表曲などなどをまとめて収録。

ジャケットや各種アルバムタイトル、さらに"ゲイリー(ニューマン)こけた"、"ボールドイーノ"なんていう曲名など、当時メンバーが聴き楽しんでいたであろうワールドワイドな尖鋭的音楽を、弦楽器にリズムマシーンやシンセ等も駆使しオーバン独自のニュアンスで解釈したようなサウンドを千代に八千代に重ねていくスタイル。
UNBALANCE RECORDSやVANITYなどの音楽レーベルや、関西発のカルチャーマガジン『ぷがじゃ』など、個性際立つ当時の関西アンダーグラウンドシーンの香りが今も強く漂う、若き衝動とユーモアが混在した100曲超!

なんだったらMINCHみたいなNOISE GRIND好きにもアピールできそうな内容です。

付属のブックレットには当時の写真やフライヤーにバンドヒストリー、少年ナイフの超初期音源等もリリースしていた自身のレーベルXA RECORDSについて等、さらにAUNT SALLY、非常階段、UNBALANCE RECORDSなどもトピックにあがるライナーも掲載されるようです。